男性から綺麗になったねって言われたい

なんだか綺麗になったね!って言われたいですよね。

 

しかし現実は20歳が最初のお肌の曲がり角と言われているように、もう何度か曲がっている年齢になってるけど長年お肌のケアを怠ってきました。

 

思春期には部活で紫外線を嫌という程浴び、ニキビがたくさんできてしまい肌トラブルは多い方でした。
社会人になる頃にはニキビが落ち着きましたが、毛穴の開き黒ずみ、最近には笑いジワができている事に気がつき「これはまずい!!」とアラサーになって初めてしっかりケアを始めるようになりました。
私の肌はインナードライで水分がなさすぎて表面に脂を出してギリギリ守ってくれてる状態でした。それが分かっているのにどうしたらいいのか自分に合うものは何かわかりませんでした。
今では思春期のニキビのダメージも大きく、赤ら顔。のちにシミになると確信しています。目元のクマや毛穴、まぶたの下垂など年齢とともにすっぴんにはほとほと自信がありません。

 

少しでも昔のようにきれいになれるかな?とネットで色々調べました。

 

クレンジングは、お化粧を落としても肌がつっぱらない優しいものを選び、化粧水は肌の奥に浸透してくれるもの。
エイジングに特化したものが私の肌にぴったりでした。

 

早めにエイジングを始めた事で、幸いまだシミはできていないし、肌にあった化粧品を見つけられたおかげで肌のキメを保つことができ目元のシワも笑えば見えますが跡は残りません。
これからもエイジングや美白をしっかりしてシミやほうれい線などの予防をして綺麗を維持していきたいですね。

 

化粧品でのエイジングケアと一緒にお肌に良いと言われる栄養が詰まったサプリメントや医薬品を併用して使いたいですね。
お肌に直接塗る化粧品やクリームでのエイジングケアと医薬品やサプリメントなどを飲んで体の内側からお肌に働きかけて健康的でみずみずしいお肌を保つことができますね。

 

やっぱり、キレイになるためには潤いのあるつやつやなお肌になるのは大切ですね。
お肌に栄養のある食事を食べて、しっかり睡眠を取り、運動をすることも必要です。心当たりがあるかたは、少しずつ見直したり改善してみてはいかがでしょうか!